きれいな前歯
ダイレクトボンディングの一番のメリットは、歯と同じ色の審美修復ということです。小さな虫歯を治したり、欠けた歯を修復したり。また、矯正治療では数ヶ月かかるような、すきっ歯の治療などにも応用可能です。

もちろん、術前に診査・診断を行い、ダイレクトボンディングで治せると、予め確認しておく必要はありますが、治療自体は、わずか1回の通院で完了します。ダイレクトボンディングによる詰めものは、補正・修正することができます。ですから、最初はダイレクトボンディングで治しておいて、将来には、より長持ちするセラミックスへ、というステップアップも可能です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 奥歯の小さな銀歯が気になるので、歯と同じ色にしたい
  • すきっ歯や着色など、前歯の見た目が気になっている
  • 通院回数を減らしたい
  • できるだけ歯を削らずに治したい
  • 歯と同じ色の白い治療は、診療費が高い
小さな銀歯

小さな銀歯

すきっ歯

前歯のすき間や着色


ダイレクトボンディングで解決できるかも知れません。

ダイレクトボンディングによる審美修復のメリット

1回の通院で治療完了

ダイレクトボンディングは、虫歯を取り除いた後、その部分に直接材料を詰めて修復・研磨します。型どりをしませんので、1~2時間のうちに治療が完了します。

歯の切削量が少ない

ダイレクトボンディングでは、虫歯部分のみを取り除き、その部分だけを修復することが可能です。銀歯による詰めものや、セラミックスを使った治療と比べると、健康な歯を削る量は少なくなる傾向があります。

治療コストが低い

通院回数が少ないこと、型どりがいらないこと、セラミックスを製作する技工費用がかからないことなどから、ダイレクトボンディングは、セラミックスを使った審美修復と比較すると、治療コストを抑えることができます。

ダイレクトボンディングの特徴

  • 歯を削る量が少ない
  • 虫歯や欠けた部分を修復できる
  • 歯の隙間を埋めることができる
  • ある程度の耐用が期待できる
  • 隣の歯と調和するような、形態や色の回復ができる
  • 見た目が自然である
  • 将来に修正が可能である
  • 審美治療のファーストステップに向いている

型どりをするセラミックスとの違い

ダイレクトボンディング
コストを抑えた即日審美修復
歯と同じ色:○
治療期間:1日で治療完了
歯を削る量:少ない
硬さ:歯よりも柔らかく、かみ合わせのチカラが強くかかる場所には不向き
耐久性:着色や摩耗に対して定期的な補修・修正が必要
治療費用:17,000円〜28,000円
ダイレクトボンディング修復は、自分の歯が多く残っている場合に向いています。
セラミック修復
透明感と美しさが長持ち
歯と同じ色:○
治療期間:2回~4回の通院
歯を削る量:ダイレクトボンディングと比較すると多い
硬さ:歯よりも硬く、かみ合わせのチカラを支えられる
耐久性:10年単位で長持ちする可能性が高い
治療費用:60,000円〜145,000円
セラミック修復は、自分の歯を既に多く失ってしまった場合に向いています。

エナメル質と象牙質

天然の歯は、2層の構造になっています。最外層には、光りを良く通す「エナメル質」があります。その内側には、光りを通しにくい「象牙質」があります。光透過性の異なる2種類の層によって、天然の歯は独特の透明感を持っています。

当院のダイレクトボンディングは、「象牙質部分」と「エナメル質部分」それぞれの透過性の違いを再現した材料を用いて、レイヤリング(積層)して修復します。レジン材料と自分の歯は違いますから、100%同じ色を再現することは困難です。しかし、一般的な会話をする距離であれば、ほとんど目立たせることなく修復することができます。

ダイレクト ボンディング 材料

エナメル質と象牙質の、光透過性の違いを再現する材料

ダイレクトボンディングによる治療手順

  1. ダイレクトボンディングで修復できるかどうかの診査・診断
  2. 治療リスク等の説明
  3. 麻酔をする …治療中に痛みがないように麻酔をします。麻酔自体も無痛麻酔テクニックで痛みを最小限にします。
  4. ラバーダムをかける …ダイレクトボンディングは湿度によって予後が左右されます。お口の中は湿度100%ですので、可能な限りラバーダムを使います。使えない場合は、湿度を下げる工夫を行います。
  5. 古い詰めもの、虫歯を取り除く …虫歯部分だけを、う蝕検知液やドリル・手用器具等を使って丁寧に取り除きます。
  6. エッチング …歯の表面を酸処理して、材料が剥がれにくいように処理します。
  7. ボンディング …接着材を塗布します。
  8. レジンの充填・硬化 …レジン樹脂を盛り付けていきます。エナメル質と象牙質を意識しながら、天然の歯の質感に合わせられるように工夫します。
  9. 研磨・かみ合わせの調整 …バリや表面の凹凸を取り除き、キレイにツルツルに磨いて仕上げます。

(上記の手順は、自費診療によるダイレクトボンディングの場合です。保険診療のコンポジットレジン修復では、定められた算定要件に沿うように治療いたしますので、上記手順とは異なります。)

レジン周囲の着色

古くなって着色が見られるレジン材料

ダイレクトボンディング治療

レイヤリングテクニックを使ってダイレクトボンディング修復

治療担当ドクターのご紹介

歯科医師 桐原 大

Dr. Masaru Kirihara

ダイレクトボンディングは、その分野の研究で博士を取得した桐原が、主に担当いたします。研究を通して、材料を分子レベルで理解しており、知識のみならず、しっかりとした技術も持ち合わせています。

歯科学界では、ダイレクトボンディングは「テクニック・センシティブ」であるとよく言われます。つまり、治療時の湿度の管理、虫歯を削る角度、エアーの当て方など、技術面が治療の善し悪しに影響するということです。

当院では、高水準の治療に加えて、治療後のメインテナンス・アフターケアもしっかりと行うことで、詰めものの寿命を最大限に引き出すための環境を整えています。