新型コロナウィルスに関する当院の診療方針についてご説明します。

感染者が継続して確認されておりますので、引き続き特別予防策を講じた上で診療を行っております。

まず最初にお伝えしたいのは、当院のような対策ができていれば、歯科治療行為を通して、患者さんがコロナウイルスに感染する可能性はほとんどないと考えます。

実際に、日本全国で、歯科医院スタッフから患者さんへの感染はまだ報告がありません。

しかし、患者さんからスタッフへの感染は確認されています。
ですから、気をつけなくてはいけないことは、

  • 待合室・トイレにおける、診療以外での患者さんから患者さんへの感染。
  • それから、歯科治療中の医療スタッフへの感染 です。

コロナウイルスに対する治療法が確立していない以上、やはり感染しないことが大切だと考えます。

すべての患者さんに、ご理解・ご協力をよろしくお願いを申し上げます。

来院されるすべての患者さんへ

患者さんとスタッフのコロナウイルス感染を予防するため、以下のご協力をお願いします。

1. 密集を避けるため、お電話にてご予約の上、ご来院ください。

患者さん入れ替え時の診療室消毒時間確保のため、診療人数を制限しています。
申し訳ありませんが、ご予約が少し先になってしまう場合がございますがご了承ください。

当院は全て個室診療室ですが、窓のある診療室は患者さん毎の診療室消毒時間内の換気は完了します。
また、各診療室内の換気扇は約7分~10分で完全換気する能力がありますので、窓のない診療室では、患者さんと患者さんの間を約10分間あけてご予約をお取りしています。
それ以外に、診察台の患者さんが触れる部分はすべて消毒液を用いて拭いています。これは、コロナウイルス流行前から行っています。

2. 来院の際は、マスクを着用してお越し下さい。

待合室で自分が感染しないため、他の患者さんに感染させないため。
また、診療室内で、ご自身が感染しないため、スタッフに感染させないため。よろしくお願いします。
スタッフも、診療時間中は常時マスクを着用させていただきます。顔を見せずに患者さんにご挨拶することは、当院のポリシーに反するものですが、ご了承ください。
診療中は、マスクに加えフェイスシールドを装着する場合があります。

3. 体調の優れない方、濃厚接触の疑いのある方は、積極的にご予約の変更をお願いいたします。

担当医・担当衛生士の体調が優れない場合は、当院より予約の変更をお願いする場合もございます。
あなた自身を守るため、当院のスタッフを守るため、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

4. 小児・介助が必要な方以外は、付き添いの方の待合室・診療室への入室は原則ご遠慮いただいております。

5. 手指の消毒・検温のご協力をお願いいたします。

来院されましたら、受付スタッフがお出しします消毒液にて手指の消毒後、診察券・保険証をお出しください。
その後、受付スタッフより、検温をさせていただきます。37.5℃以上の方はご予約の変更をお願いしております。

6. 診療室に入室されましたら、過酸化水素水希釈液で30秒間のうがいをお願いいたします。

過酸化水素水は、体に対する害が最も少なく効果的な殺菌効果があるため採用しています。
無カタラーゼ症の方はお申し出ください。

7. 窓開けを行っていますので、診療室の温度調節が不十分な場合があります。

8. お手洗をご使用の際は、スタッフまでお声かけください。

(コロナウイルスは尿中で10日間生存するため)

お願い事ばかりで大変恐縮ではございますが、安全に診療を継続させるため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

その他、当院が日頃から行っている標準予防策については、下のページでご確認下さい。

医療安全対策について

(7月22日 現状に合わせて修正しました)