新型コロナウィルス流行下における当院の診療方針についてご説明します。

4月の外出自粛要請により、5月上旬は新たな感染者数がかなり減っています。これは、石神井のみなさん、日本のみなさんが頑張った結果であり、本当に嬉しいことです。

まず最初に、強くお伝えしたいのは、当院のような対策ができていれば、歯科治療行為を通して、患者さんがコロナウイルスに感染する可能性はほとんどありません。

日本全国で、歯科医院スタッフから患者さんへの感染はまだ報告がありません。

しかし、患者さんからスタッフへの感染は確認されています。
ですから、気をつけなくてはいけないことは、

  • 待合室・トイレにおける、診療以外での患者さんから患者さんへの感染。
  • それから、歯科治療中の医療スタッフへの感染 です。

5月7日より通常診療時間に戻りますが、新規のコロナウイルス感染を1名でも減らすため、様々な対策の元で治療を行います。
すべての患者さんに、ご理解・ご協力をよろしくお願いを申し上げます。

来院されるすべての患者さんへ

患者さんとスタッフのコロナウイルス感染を予防するため、以下のご協力をお願いします。

1. 密集を避けるため、お電話にてご予約の上、ご来院ください。
患者さん入れ替え時の診療室消毒時間確保のため、診療人数を制限しています。
申し訳ありませんが、ご予約が少し先になってしまう場合がございますがご了承ください。

2. 来院の際は、マスクを着用してお越し下さい。
待合室で自分が感染しないため、他の患者さんに感染させないため。
また、診療室内で、ご自身が感染しないため、スタッフに感染させないため。よろしくお願いします。
スタッフも、診療時間中は常時マスクを着用させていただきます。顔を見せずに患者さんにご挨拶することは、当院のポリシーに反するものですが、ご了承ください。
歯科医師・歯科衛生士は、マスクに加えフェイスシールドを装着します。

3. 体調の優れない方、濃厚接触の疑いのある方は、積極的にご予約の変更をお願いいたします。
担当医・担当衛生士の体調が優れない場合は、当院より予約の変更をお願いする場合もございます。
あなた自身を守るため、当院のスタッフを守るため、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

4. 小児以外で、付き添いの方の待合室・診療室への入室は原則ご遠慮いただいております。

5. 来院されましたら、受付スタッフがお出しします次亜塩素酸消毒液にて手指の消毒後、診察券・保険証をお出しください。

6. 受付スタッフより、検温をさせていただきます。37.5℃以上の方はご予約の変更をお願いしております。

7. 診療室に入室されましたら、過酸化水素水希釈液で30秒間のうがいをお願いいたします。(無カタラーゼ症の方はお申し出ください。)

8. 窓開けを行っています。診療室の温度調節が不十分ですので、脱ぎ着しやすい服装でお越し下さい。

9. お手洗は、やむを得ない場合を除き、原則使用中止しております。
(コロナウイルスは尿中で10日間生存するため)
やむを得ない場合は、遠慮なくお申し出下さい!

お願い事ばかりで大変恐縮ではございますが、安全に診療を継続させるため、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

その他、当院が日頃から行っている標準予防策については、下のページでご確認下さい。

医療安全対策について

お口をキレイにすることは、コロナウイルス感染抑制効果があります

東京都は特定警戒都道府県に指定されることとなりました。新型コロナウイルスに関しては、3月・4月と、海外・国内で研究が進み、少しずつですが実態が見えてきました。

口腔内を清潔にしている人ほど、インフルエンザにかかりにくいということはすでに解明されていますが、同じことがコロナウイルスにも言えるだろうと言われています。歯周病細菌のタンパク分解酵素は、ウイルスの活動を助け、体内に侵入しやすくさせます。また、歯磨きがきちんとできていない場合のタンパク分解酵素は、上気道の粘膜を弱め、ウイルスが侵入しやすくなります。また、歯周病と糖尿病は関連がある病気ですが、糖尿病をお持ちの方は肺炎や全身疾患が悪化しやすくなりますので、できるかぎり歯周病を安定させておくことが大切です。

メインテナンス治療中の飛沫発生を防ぐため、器具の使用を限定する場合があります。本年3月までのメインテナンスとは、同様の効果が得られる限り、内容が異なる場合がございます。ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

特別対策の変更について

今後の感染者数の推移を見守りながら、当院でも柔軟に対応していく予定です。

患者さんへのお願い事項が変わりましたら、またホームページにて情報をお伝えします。