みなさんこんにちは。

朝晩がだいぶ冷え込み寒くなってきましたね。

水道のお水が冷たくなってきて、そのお水でうがいやお口をゆすぐと歯がしみる、、、、。

そんな事はありませんか?

今回は、冷たいお水で歯がしみる原因についてお話します。

冷たいものでしみる原因は様々で、

歯周病で歯茎が下がってしみる。

歯ぎしり食いしばり、又は歯ブラシを強く当てすぎて歯茎が下がってしまい、歯の根もとがえぐれてしみてしまう。

このような症状は知覚過敏といいます。

知覚過敏以外では、虫歯の可能性もあります。

こういった様々な原因があるため、改善させるためには原因を見つけることが1番の近道です。

歯茎が下がってしまった場合はお薬を塗る事もありますが、歯ぎしり食いしばりのひどい方にはマウスピースを作成し歯への負担を減らしたり、またストレスも一つの要因ですので、生活習慣などの見直しをおすすめします。

またレジン(歯科用プラスティック)を使って、えぐれてしまった根もとを埋める処置をすることもあります。

歯ブラシの使い方については当院の歯科衛生士がその人に合った歯ブラシを選び、丁寧に歯ブラシの指導を行っています。

しみるなどの症状が出た場合はひどくなる前に我慢せず、早めに受診をし、先生もしくは歯科衛生士に診てもらいましょう。