当院で、虫歯治療を中心とした総合診療を担当している、桐原 大(まさる)先生に、彼の人柄を知るべくインタビューをしました。

・歯医者になったきっかけは何ですか?

桐原 大 先生親の影響が、いちばん大きいですね。

両親とも歯科医師なので、自然と仕事の内容に興味を抱くようになりました。同業の先生方から高く評価されていたり、患者さんから感謝されていることを知り、将来、親の後を継ぎたいと考えるようになりました。

・専門の治療はありますか?

桐原 大 先生虫歯の治療と予防が専門です。

中でもダイレクトボンディングという治療を得意としています。

ダイレクトボンディングは、特殊な接着システムを使って歯に直接詰めものをするため、技術の差が結果に反映されやすいという特徴があります。大学を卒業後も、すぐに独立するのではなく、大学に籍を置き教官を務めていました。その時に、接着システムの耐久性についての研究をしていました。また、学生や歯科医師に対して、技術の指導も行っていました。そのためか、私の治療を知っている同業の先生から治療をお願いされることもあります。

Shimizu Dental Clinicは街の小さな診療所ですが、大学病院などの専門機関と比べても遜色のない、質の高い治療を提供できると思っています。

・休みの日は何をしていますか?

1日中診療所にいると、本当に運動のない生活になってしまいますので、トレーニングジムやテニスコートに行って身体を動かすことが多いです。

まとまった休みがとれると旅行に出かけて、リフレッシュをするようにしています。

・患者さんへメッセージをお願いします

歯科医師 桐原 大

Dr. Masaru Kirihara

「自分や家族が患者さんだったらどういう治療を受けたいか」という視点を大切に日々の診療に臨んでいます。

また、ご自身のお口の中の状態、治療の必要性、治療法のメリット・デメリットなどについて、わかりやすい説明を心がけています。お口の中に気になることがあれば、些細なことでも構いませんので、遠慮なくご相談にお越しいただければと思います。

(2017年12月インタビュー)