歯を残したい方へ
~ 予防歯科 ~

  1. ホーム
  2. 歯を残したい方へ ~ 予防歯科 ~

適切なケアで歯を健康に保ちましょう

適切なケアで歯を健康に保ちましょう

虫歯や歯周病などの病気は、「かかってから治療すればいい」と思っていませんか?ご自身の歯を将来まで維持するには、「かかってから治す」のではなく、「かからないように予防する」ことが重要です。練馬区・石神井公園の歯科医院「Shimizu Dental Clinic(清水デンタルクリニック)」では、ご自身の歯を長期間にわたって残していただくための予防歯科に力を入れています。

担当の歯科衛生士によるケア

担当の歯科衛生士によるケア

「正しい情報を正しく伝え、一人ひとり違うお口の状況に合わせて、歯を守るためのスキルを身につけてもらうこと」――これが当院の予防歯科に対する考え方。これを実現するには、患者さんと十分な信頼関係を築き、通院ごとに変化していくお口の状態を的確に把握していく必要があります。そのため当院では、予防処置や指導を行う歯科衛生士を患者さんごとに決め、毎回同じスタッフが処置を行う「担当衛生士制」を導入しています。

処置を行うスタッフを患者さんごとに固定することで、安心して処置をお任せいただける、コミュニケーションが取りやすくなるという精神的なメリットのほか、メインテナンスの履歴や経過を見ながら、適切なケアやアドバイスを行えるという予防処置上のメリットがあります。

各種検査でリスクを洗い出します

適切な予防処置を行うには、まず正確にお口の状態を把握する必要があります。当院では、さまざまな検査で虫歯や歯周病などのリスクを見つけ出し、一人ひとりに合わせた予防・メインテナンスを行っています。

定期検診

定期検診

定期的な歯のメインテナンスを受けている人は、そうでない人に比べて、生涯で多くの歯を残せることが、研究や統計データで明らかになっています。当院でも、ただ治療を施すだけでなく、その後の継続的なメインテナンスこそが重要だと考えています。治療を受けたとしても、そのまま放置し続ければ、短期間で病気が再発し再治療、というサイクルを繰り返してどんどんダメージを与え、歯の寿命を短くしてしまうからです。

当院では、患者さんに合わせた適切なタイミングで、定期検診のお知らせを行っています。病気を未然に、あるいはできるかぎり軽度の状態で防げるよう、ぜひ定期検診を積極的にご利用ください。

プラークの染め出し

虫歯予防のために、毎日の歯みがきに気を付けているという方も多いでしょう。しかし、自分ではしっかりみがけているつもりでも、実際にはほとんどの方に「みがき残し」があると言われています。当院では、歯垢染色剤を用いたプラークの染め出しチェックを行い、普段の歯みがきでみがけていない箇所をご自身の目でご確認いただいています。歯みがきのクセや苦手な場所を把握することで、より正確な歯みがきを実践していただけます。

X線検査

X線検査

被ばく量の少ないデジタルレントゲンを用いたX線検査で、虫歯や歯周病の進行状況などを把握します。歯の形状や生え方、虫歯の範囲、骨の量などを正確に診断し、治療や予防処置に活かします。デジタルレントゲンで撮影した写真はモニターで患者さん自身にもご確認いただき、どのような状態なのか詳しくご説明しています。

プロによる予防ケア

予防のプロ「歯科衛生士」を中心に、患者さん一人ひとりに合わせたさまざまな予防処置を行っています。また、ケアだけでなく正しい知識や情報を提供することで、患者さんご自身の手でお口の健康を管理できるようサポートいたします。

生活習慣指導

生活習慣指導

虫歯や歯周病の発生には生活習慣が大きく影響しています。逆に言えば、生活習慣を改善すれば、病気のリスクは減るということ。当院は、病気から歯を守るための生活習慣指導を行っています。間食の時間や回数、食べものを噛む回数などの「食生活」はもちろん、歯みがきの回数、タイミング、さらに、喫煙習慣や睡眠習慣などについての改善策をアドバイスしています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病を予防するうえで、毎日のブラッシングは基本中の基本。病気を防ぐには、正しい歯みがきでプラークをしっかり取り除くことが必要です。そこで当院では、患者さんに合わせたブラッシング指導を行っています。歯並びや病気の状態、染め出しでチェックしたプラークの残り具合などを踏まえて、「重点的にみがいたほうがよい箇所」や「みがき残しをなくす方法」などを実践も交えて指導しています。また、歯ブラシ・歯磨き粉・歯間ブラシ・フロス等を処方しています。それぞれ特徴があるので、患者さん一人ひとりに合った物を選んでいます。

フッ素・リン酸カルシウム(CCP+ACPペースト)

フッ素塗布

フッ素はトレー法で行います。以前他院から来られた患者さんで、フッ素を定期的に塗っていたのに虫歯になってしまい、がっかりされていました。フッ素を塗布するだけでは意味がなく、プラークコントロールを改善し、ポリッシングを行った上で、きちんと局所に留めることではじめて効果があるのです。フッ素に抵抗のある方や状態によっては、リン酸カルシウムペーストをおすすめすることもあります。白濁した歯を再石灰化させる作用があるため、適切に用いることで初期虫歯の治療に使うこともあります。

PMTC

PMTC

「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用機器を用いたプロによる歯のクリーニングのことを指します。普段の歯みがきでは落ちない汚れや黄ばみなどを除去できるため、虫歯や歯周病の予防になるのはもちろん、見た目にも効果を実感していただけます。

噛み合わせチェック

噛み合わせチェック

噛み合わせは、虫歯や歯周病に大きな影響をおよぼしています。噛み合わせが悪いと、汚れが付着しやすくなったり、本来「噛み合うことで落ちる汚れ」が落ちなくなったりし、虫歯のリスクが高まります。また、噛む力が上下で均等に伝わらないため、特定の歯への負担が大きくなり、歯周病のリスクも高まるのです。当院では、噛み合わせのチェックを実施して、適切な処置・メインテナンスを行っています。

定期検診のご予約はWebからでも受け付けています

TOP