初診の方へ

  1. ホーム
  2. 初診の方へ

Shimizu Dental Clinicに初めてお越しの方へ

Shimizu Dental Clinicに初めてお越しの方へ

「Shimizu Dental Clinic(清水デンタルクリニック)」では、強い痛みや腫れがある場合を除き、初来院時にすぐ治療、というようなことは基本的に行いません。病気になった原因を排除せず、気になるところを処置するだけでは、病気が再発する可能性が高くなります。まずは丁寧なカウンセリングと詳細な検査、今後についての説明やアドバイスを行ったあと、治療方針を決めてから時間をかけてじっくり治療を進めていきます。

診療の流れ

Step01

カウンセリング

1.カウンセリング

カウンセリングルームにご案内し、現在のお口の状態やお悩み、また全身の症状などをお伺いします。最初は、血圧や全身状態などの堅苦しい話から始まりますが、その後は「痛くない方が良い」「通院回数を減らしたい」など、みなさまのご希望を伺ってまいります。些細なことでも、お気軽にお話しください。患者さんと歯科医師・衛生士が、病気を治すために、お互いに言いたいことを自由に言える関係が何より大切です。

Step02

検査

2.検査

専門的なトレーニングを受けた歯科医師が視診し、検査を行います。虫歯や歯周病、歯根の病巣、食いしばり、歯ぎしり、口腔粘膜などをチェックし、口腔内写真も撮影するほか、デジタルレントゲンを用いた噛み合わせや顎関節症の診断も行います。また、必要に応じて歯の模型製作を行うこともあります。

Step03

検査結果の共有と治療計画立案

3.検査結果の共有と治療計画立案

お口の状態を図解などで分かりやすく解説できる歯科用コミュニケーションツール「Dental X(デンタルテン)」を使い、初回検査結果とお口の現状をお伝えします。また、検査結果を踏まえてのアドバイスを行うほか、今後の方針などについてもご相談させていただきます。

Step04

精密検査

4.精密検査

初回検査の結果、必要と判断される場合のみ、追加の精密検査を行います。歯科用CTによる3D画像解析や高解像度のデジタルレントゲン撮影、また、虫歯・歯周病リスク判定が可能な唾液検査などを実施します。

Step05

治療の前準備(歯面の清掃)

5.歯面の清掃

スケーラーという専用の器具を使って歯に付着した歯石を除去します。また、歯みがき指導や生活習慣改善のための指導なども併せて行います。主にプラークコントロールの改善が中心となります。

歯石やプラークが付着した状態で治療すると、精度は必ず落ちます。お口の環境を改善してから、本格的な治療に入ることが、とても大切です。

Step06

歯の治療

6.歯の治療

プラークコントロールが改善し、全ての“土台”となる歯ぐきを健康な状態にしてから虫歯の治療に入ります。当院は、歯へのダメージを最小限に抑える「MI(ミニマルインターベンション/低侵襲治療)」の考えに基づいて治療を行っています。比較的虫歯が小さい場合は、その部分だけを取り除いて小さく修復し、大きくなっている場合は耐久性の高い素材を用いた10年単位で長持ちする治療をご提案します。

Step07

失った歯の機能回復

7.失った歯の機能回復

歯を失ってしまっている場合は、残っている歯を治したのち、入れ歯インプラントといった、歯の機能を回復するための治療に入ります。

Step08

メインテナンス

8.メインテナンス

ひと通りの治療が完了したら終わりというわけではありません。そのあとも健康的なお口の状態を長期的に維持することが、何より大事です。そのため、患者さんには定期検診を推奨しています。当院では、治療後のメインテナンスとして、PMTC(プロによる歯のクリーニング)や歯周ポケットの検査、フッ素塗布、噛み合わせチェックなどを行い、健康な歯を長く保っていただくお手伝いをいたします。
当院では、この「メインテナンス」を何より大切にしています。

当院の特徴はこちらでご紹介しています

TOP