診療に対する想い

  1. ホーム
  2. 診療に対する想い

Shimizu Dental Clinicの診療への“想い”

Shimizu Dental Clinicの診療への'想い'

医院理念

「医院に関わるすべての人の健康と幸せを支援する」

――歯やお口の役割は、食べ物を噛み栄養をとる(食事を楽しむ)ことのほかにも、話す、笑う、顔の印象をよくするなど、多岐にわたります。生命を支えるだけではなく、これらはみな、人生を豊かに楽しくするために欠かせないことばかりです。

歯科医療のみならず、院内での何気ない会話、人の温かさや、ふれ合いを通して、当院に関わるすべての人の幸せをお手伝いしたい。当院での診療を通して、歯やお口の機能を生涯維持していただきたい。その実現のために掲げているのが、以下2つのコンセプトです。

「お口を長期的に安定した状態にする治療」

「安定した状態を維持するためのメインテナンス」

お口を長期的に安定した状態にする治療

お口を長期的に安定した状態にする治療

虫歯は「一度治したらそれで終わり」とは限りません。詰め物・被せ物の処置の方法が悪いと、再発してしまう可能性があるからです。再発すれば、また歯を削らなければなりません。それを繰り返せば、歯はどんどんダメージを負っていくことになるのです。当院では、「一時的」ではなく長期的に安定した状態にすることを重視し、クオリティの高い治療にこだわっています。

●専門医による治療で再発を防止

当院には、虫歯治療、小児歯科、入れ歯治療をはじめ、各分野の専門医・認定医らが在籍しています。まずは10年間トラブルフリーで過ごせること。できたら、20年後、30年後までも病気が再発しないよう、患者さんの将来の健康までを考えた治療を提案しています。

安定した状態を維持するためのメインテナンス

安定した状態を維持するためのメインテナンス

いくらクオリティの高い治療を施したとしても、その後、何の手入れもしなければ、長期的な健康を維持することは困難です。大切なのは、治療後の健康な状態を保つために、継続的なメインテナンスをすることです。当院では2つの面から、お口の健康維持をサポートしています。

1.担当歯科衛生士による状態の改善

担当の歯科衛生士によるPMTC(歯のクリーニング)や歯石の除去で口腔内環境の改善を行うとともに、歯みがき指導や食生活の指導などを通して、病気になりにくい生活習慣を目指していきます。

2.専門家によるメインテナンス

定期検診では、予防歯科に精通する歯科医師が直接見ることで、病気の早期発見・早期治療が可能です。また、入れ歯や詰め物・被せ物の噛み合わせ調整も随時行い、お口の健康を守ります。

院長、ドクター清水の想い

病気を再発させない歯科診療を

うれしいことに、今日では歯科医師でなくともインターネットを通して、歯科医学に関する多くの情報を得ることができるようになりました。このような時代に歯科医師に求められるのは、誠実に一人ひとりと向き合い、“自分自身が受けたいと思えるような治療”、“家族に施すような治療”を行うこと。つまり、基本に忠実で、かつ確実性の高い歯科医療を提供することです。

継続的な勉強による知識、経験による判断力、トレーニングによって確立された技術は、インターネット検索では得られないものです。そこにこそ、歯科医師が介入する価値があると考えています。

「病気にならないこと」を目指す歯科医院として

「病気にならないこと」を目指す歯科医院として

私がこの診療所を始めるに当たっては、アメリカでの3年間の診療経験がベースになっています。そこで何よりも驚いたことは、ご年輩の方々にも多くの歯が残っていたことでした。これは、日本で習ったことや、経験したこととはまったく異なるものでした。中には歯の悪い方もいましたが、多くの方は、年2回の定期検診とクリーニングを欠かさずに受け、歯の健康を維持しています。それでも、避けられない病気に対して、必要最低限の治療を行い、できるだけ自分の歯を維持していこうという考え方が主流です。

その一方で、歯を既に悪くしてしまった方も、心配ありません。専門医との連携で、総合的な治療・メインテナンス計画を考え、できるだけ良い状態に回復することも得意としています。まずはお口の中を安定した状態にする治療を行い、ひとりでも多くの方に、「歯の痛みを知らずに生涯を過ごす」「自分の歯で健康に食べる」そのような、生き方のお手伝いをしたいと考えています。

院長コラム「日本では当たり前?本当は怖い“歯を失う悪循環”とは?」

【Pick Up!】院長コラム「日本では当たり前?本当は怖い“歯を失う悪循環”とは?」

ひと口に虫歯治療と言っても、歯科医師の持つ知識や技術によって、また医院の予防歯科のレベルによって、治療後の患者さんの歯の寿命は、大きく左右されます。実際に、ある論文では「治療後7年の生存率50%」でも、別の論文では、「治療後40年の生存率94%」ということが起こり得ます。

後者のデータを出したのは、ゴールドを使った方法で成功率の高い虫歯治療を確立したリチャード・V・タッカー先生。この2つのデータの差は、「虫歯治療は、誰がやっても同じではない」という証拠です。当院では、このデータを出したタッカー先生から直接技術指導を受けており、できるだけ、この結果を超えられるよう日々研鑽しています。

【Pick Up!】院長コラム「日本では当たり前?本当は怖い“歯を失う悪循環”とは?」

具体的には、虫歯の削り方、ドリルの素材、型採りや模型の材料・精度、詰め物をつくる技工士の腕、できあがった詰め物の精度、装着時の調製法、装着後のメインテナンス法など……多くの先生とは、ちょっとずつですが、すべてが違います。このレベルで虫歯治療を追求している先生は、日本には、ほとんどいません。一つひとつの違いは本当に小さなことですが、その積み重ねが、結果として数年経過したときに初めて分かるのです。

再診療の悪循環が歯を失う原因?

【Pick Up!】院長コラム「日本では当たり前?本当は怖い“歯を失う悪循環”とは?」

どんな適当な虫歯治療をしても、材料の発達によって、4年くらいは持ちます。しかし、それが粗雑であるか精密であるかは、治療直後には患者さんには分かりません。そして、多くの患者さんは、4年も経てば、どこを治したか忘れてしまうため、再治療にも抵抗はありません。出来る範囲が限られている治療では、数年ごとに虫歯が再発し再治療が必要になる可能性があり、それを繰り返すことになります。患者さんは少しずつ歯を失っていくので、歯が悪くなっていくことに気付きません。

「虫歯は、歯科医師の技術や知識、患者さんの予防努力で治療可能。歯を失う病気ではなくなり始めています」――当院は、過去に繰り返しの治療を受けてきた方に対し、この事実を傷つけないようお伝えすること、そして1人でも多くの方を、再診療の悪循環から脱出させることを目標としています。

院長やスタッフの紹介はこちらをご覧ください

TOP